ここから一歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーン巻とゲージ

編むものがなくなると寂しい。
通信の教材は、なかなか届かない。

で、大量にあるコーン巻の一つを取って
ゲージを編みはじめてみた。

ゲージとは?
編み始める前に10×10の大きさに編んで、
目数と段数を確認する作業。

この大量にあるコーン巻。
昔、オークションでその価格と量に惹かれて
落とした品物。
当時はすっごくお得感があったんだけど、
実際届いてみると、意外と細い糸が多くて
織り機とかないし、二本どりじゃないとキツイな。
とか。
でも、後悔はまったくしてなくて、それみているだけで
ドキドキ。何が編めるかなって考えは広がって…。
ま、使いきれてなかったんだけど笑

そしてゲージ。
昔はこのゲージを編むことを馬鹿にしてました。
だって、編みながら適当に調整できるし、
(っと、自分では思ってた)
この編んでる時間や毛糸がもったいないじゃない。
だから、もし編んでもすぐ解いてた。

でもね、間違ってたー。
まず編むことで、完成の雰囲気が掴める。
で、これほどいたらダメ。
今回も、作品を編みながら何度も手に取って
確認したほと、ゲージって実はとても重要だった。

そんなこんなで、最近は必ず作品を作る前には
まずゲージを編んでたんだけど、
今回適当に手にしたコーン巻のゲージが可愛すぎた。
コーン巻のままでは分からなかったけど、
ゲージを作ってみたら、完成作品のイメージがムクムクと
湧いてきて、こんなことはじめて。

普段は作品を見て、毛糸を選ぶって順序だったけど、
毛糸から作品を考えるなんて。

イメージは子供用の、フードつきベスト。
うさぎちゃんなイメージ。
そんな編み図をすぐ見つけられるわけもなく、
はじめて、自分で図をかき、計算して編んでみました。
いろいろな作品の編み図を参考に、
ゲージの目数や段数で計算しながら。

そして…、完成〜♪───O(≧∇≦)O────♪

って、言っても、あとファスナーをつけるので、
材料を買ってこないといけないのです。
それ付けてからアップしますね。

5歳の姪っ子用です。
初の製図(と言えるのか?)
初のフード付き作品
なのに、出来栄えはかなり満足です。
ま、モコモコ毛糸で、編むと失敗が見えにくい感じの糸。
、いろいろな面で誤魔化しがきいたのかな。
いやぁ、早く見せたいわ。
お楽しみ〜。



ワンクリックで
ブログの励みになります(≧∇≦)
感謝!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013-01-28 (Mon) 10:53 [編集 ]


うにょんへ
そうそう。
あの大量のコーン巻。
気になった毛糸のゲージを作ってみるの。
なかなか面白いことになるかも!?

 ここから一歩 | URL | 2013-01-28 (Mon) 11:38 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。